二宮金次郎像 探索の旅10 〜東温市をゆく〜

Teacher

 東温市内において、5体の二宮金次郎像の存在を確認しました〔令和3年8月現在〕。調査結果を表にまとめましたのでご覧ください。

Teacher

 東温市は、平成16年に重信町と川内町が合併して誕生しました。取材の結果、旧重信町内には二宮金次郎像の存在は確認できませんでした。それでは、旧川内町内にある二宮金次郎像を紹介します。どうぞご覧ください。

東温市立川上小学校

寄贈年寄贈者銘文材質製作者           備考
初代:昭和12年6月
2代:昭和26年7月
不明不明銅製?不明初代の像は、金属供出のため昭和15年8月に抜式。
昭和28年7月23日に二宮尊徳翁記念碑を設定。

【参考】東温市立川上小学校ホームページ

【アクセス】

東温市立上林小学校

寄贈年寄贈者銘文材質製作者
不明不明なし石造不明

【参考】東温市立上林小学校ホームページ

【アクセス】

東温市立西谷小学校

     寄贈年     寄贈者銘文材質製作者備考
初代:昭和15年
2代:昭和33年2月23日
初代:戒能音市
2代:西谷校下教育振興会
(台座正面)勤倹力行
高岡市 山川製作所謹製
銅製不明初代の像は昭和18年に供出。

【参考】東温市立西谷小学校ホームページ

【アクセス】

東温市立東谷小学校

撮影完了次第掲載いたします。
寄贈年寄贈者銘文材質製作者備考
初代:昭和12年
2代:昭和37年
不明不明銅製不明初代の像は昭和17年に供出。

【参考】東温市立東谷小学校ホームページ

【アクセス】

川内町立松瀬川小学校

【参考】松瀬川小学校は昭和43年に川上小学校へ統合され、閉校しました。跡地は現在、「奥松瀬川農村公園」として活用されています。

寄贈年寄贈者銘文材質製作者
昭和13年9月1日今井清一なし石造不明

【参考①】ヨシゾーの漫遊記 川内町立松瀬川小学校跡をめぐる

【参考②】お気楽アルプ日記vol.2:松瀬川小学校の二宮金次郎さん

【アクセス】


Teacher

 いかがでしたか。この他にも二宮金次郎像がある場所を知っているという方は、コメント欄にてお知らせください。よろしくお願い致します。

⇦ Forward. 09松山市をゆく②

Next. 11伊予市をゆく

フォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。