建築家 木子七郎氏を知っていますか?

Teacher

 本日から「シリーズ 愛媛にゆかりのある人物」と題して、さまざまな業績を残した人物を紹介していきましょう。

 第1回は、建築家 木子七郎〔きご しちろう(明治17年〜昭和30年)〕氏です。

Eriko

 そのお名前は初めて聞きました。どんな建築物を設計された方なのですか?

Teacher

 愛媛県庁が有名ですが、まずは彼の生涯から確認しましょう。

明治17年 京都で生まれる。

明治44年 東京帝国大学工科大学建築家を卒業。大林組設計部技師として大阪へ。

大正 2年 木子七郎建築事務所を開設。大阪を拠点に公共建築などの設計を手がける。

大正10年 海外を視察〔中国、インド、ヨーロッパ、アメリカ〕。

昭和12年 フランスよりレジオンドヌール勲章を授与される。

昭和30年 逝去

Eriko

 大阪を中心に活動された方なのですね。愛媛県との関わりについて教えてください。

Teacher

 彼の妻のお父さんが新田帯革製造所〔現 ニッタ〕を創始した新田長次郎という愛媛県出身の実業家で、松山高等商業学校〔現 松山大学〕創立に際して創立費と経営費を出資した人物です。

Eriko

 そうか!それで愛媛県にも木子さんが設計した建築物があるのですね。

Teacher

 その通りです。では、松山市内にある木子七郎氏設計の建築物を見ていきましょう。


萬翠荘〔旧久松伯爵本邸〕

 竣 工 大正11年  総工費 約30万円〔当時〕

  ※ 昭和60年 愛媛県指定有形文化財となる。

  ※ 平成23年 萬翠荘本館と管理人舎の2棟が国重要文化財に指定される。

石崎汽船旧本社

 竣 工 大正13年12月28日 ※ 鉄筋コンクリート造2階建て

 総工費 38,366円〔当時〕

  ※ 平成13年 国の登録有形文化財に指定される。

愛媛県庁舎

 着 工 昭和2年11月1日  竣 工 昭和4年2月9日

 高 さ 32.6m〔4階建て〕

 総工費 約100万円〔当時〕

鍵谷カナ頌功堂

  竣 工 昭和4年 ※ 伊予織物同業組合が建立

   ※ 鉄筋コンクリート造で、8本のエンタシスを持つ柱が本瓦葺の八角屋根を支える。

   ※ 平成13年 国登録有形文化財に指定される。


Eriko

 様式美がすごい!竣工の時期を見ると全て戦前…。ということは松山大空襲を耐え切ったのですね。

Teacher

 その通りです。竣工当時そのままで残されていますから、本当に貴重な建築物なのです。

Eriko

 木子七郎さんだけでなく、建築物に関わる人物や会社なども調べてみます。


【アクセス】

 ① 萬翠荘

② 石崎汽船旧本社

③ 愛媛県庁舎

④ 鍵谷カナ頌功堂

フォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。