「松山札辻より◯里」里塚石を探索せよ!Part.1  -讃岐街道編-

Teacher

 皆さんは下の写真の場所を訪れたことはありますか?「札之辻」と刻まれた石碑が2種類建てられている場所です。

Teacher

 左側写真に写っている「里程」碑の裏面に、札之辻の由来が刻まれています。

札之辻の由来

 松山札之辻は、松山城と大林寺(城主代々の墓所)を結ぶ紙屋町の通りと、江戸時代松山随一の繁華街であった本町通りとの交差点にあたり、当時松山藩の制札所(高札場とも言う)のあった所で、伊予国の交通の起点となっていた。「松山叢談」によれば、ここから五大街道の里程が始まる。

 「松山札之辻より何里」の石の里程標は、寛保元年(1741年)松山藩主第六代松平定喬公の時に、祐筆の水谷半蔵に書かせたものと伝えられている。

 いま里程標は、各街道に合計三十数本が残存している。

  昭和60年10月 建設省 松山工事事務所

          (社)  四国建設弘済会

Teacher

 上の写真にも写っていますが、松山札之辻を出発点とする各街道の名称と各地点までの距離を以下に記します。

金毘羅街道 小松まで十一里 金毘羅まで三十一里

土 佐 街 道 久万まで六里  土佐まで二十五里

大 洲 街 道 中山まで七里  大洲まで十三里

今 治 街 道 北条まで四里  今治まで十一里

高 浜 街 道 三津まで一里  高浜まで二里

Teacher

 「札之辻の由来」にもある通り、ここを起点に延びた街道沿いには、道路の方向や距離などを示すため、一里〔約4km〕ごとに「里塚石〔りつかいし〕」が建てられました。この石が昭和60年当時、30数本残存しているというのです。

「松山藩道路元標」と刻まれている
Teacher

 これは、その里塚石を求めて探索した記録です。当時の各街道が現在のどの道にあたるのかも含めてまとめていきます。第1回は、松山市から香川県〔讃岐国〕に向かう讃岐街道を巡ります。この道は江戸後期から明治・大正にかけて金毘羅参りの人々が利用する街道であったことから、金毘羅街道とも呼ばれています。

【参考資料】ブログ「四国の古道・里山を歩く」讃岐街道を歩く

Part.1 讃岐街道沿いに建てられた里塚石

Teacher

 讃岐街道沿いには10本の里塚石が建てられました。レプリカを含め現存しているのは8本。それでは里塚石がある場所を地図で確認しましょう。

Teacher

 松山札之辻から市街地にかけては、いずれの道が街道であったかは不明です。市街地の出口である新立橋〔石手川に架かる〕が実質上の起点となります。「壱里」里塚石から順番に紹介していきます。

「松山札辻より壱里」里塚石

「松山札辻より壱里」里塚石〔割れていたものを補修している〕
Teacher

 この里塚石は、松山市桑原支所前に建てられています。松山札之辻からここまでの街道ルートを地図で確認しましょう。

松山札之辻から「壱里」里塚石までのルート〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 讃岐街道は新立橋を渡ったあと石手川に沿って東進し、樽味一丁目にある風風亭本店付近から南東へ続きます。松山東雲短期大学までの斜めの道がそうですね。桑原支所は讃岐街道から外れた場所にありますから、元の場所から移設されたものであることが分かります。里塚石の元々の場所を知るヒントが街道沿いにありました。

Teacher

 「一里木〔いちりぎ〕」という名称のバス停がありました。ブログ「四国の古道・里山を歩く」には、この名称の由来について次のようにまとめられています。

「一里木」地名の由来

 松山藩が元文五年(1740)標識を耐久性のある石柱に代えるまで木製の里標識だったので「一里木」の地名が残ったという。

ブログ「四国の古道・里山を歩く」讃岐街道を歩く
Teacher

 「札之辻の由来」の文とは一年の誤差がありますが、石柱以前には木製の道標であったことを現在に伝えてくれる地名です。ブログ「四国の古道・里山を歩く」では、街道から桑原支所に左折する地点の街道沿いに里塚石が立っていたと記載されています。その場所を撮影してきましたので、ご覧ください。

「松山札辻より壱里」里塚石があったとされる場所〔松山市街方面を望む〕
Teacher

 そして讃岐街道は、松山東雲短大がある交差点から日尾八幡神社の方へ続きます。次は鷹子町に建てられている「松山札辻より弍里」里塚石です。

「松山札辻より弍里」里塚石

「松山札辻より弍里」里塚石〔レプリカ〕
Teacher

 この里塚石は、伊予鉄道横河原線鷹子駅南東の街道沿いに建てられています。「壱里」里塚石の場所からここまでの街道ルートを地図で確認しましょう。

「壱里」里塚石から「弍里」里塚石までのルート〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 日尾八幡神社から南進し、突き当たりを左折するまでの街道沿いには、金毘羅常夜燈や金毘羅道標が点在しています。突き当たりから東へ進むと、北からの水路が街道に当たる箇所に「松山札辻より弍里」の里塚石のレプリカが建てられていて、側面には以下の文が刻まれています。

「松山札辻より弍里」里塚石側面に刻まれた文
Teacher

 個人宅の敷地内にあるということで撮影はしておりませんが、現物は今も残されているのですね。これからも大切に保管し続けていただきたいと思います。さて、街道はここからさらに東へ続きました。

「松山札辻より弍里」里塚石から「三里」里塚石へ向かう

「松山札辻より三里」里塚石跡

「松山札辻より三里」里塚石跡だとされる場所にある三界萬霊地蔵尊
Teacher

 この場所は県道334号〔旧国道11号〕と内川が交差する地点です。「松山札辻より三里」の里塚石はすでになく、「三界萬霊」と刻まれたお地蔵様のみが残されています。「弍里」里塚石の場所からここまでの街道ルートを地図で確認しましょう。

「弍里」里塚石から「三里」里塚石跡までのルート〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 「弍里」里塚石から東進してしばらく進むと平井商店街に入ります。街道と小野川の交差点を左折し、伊予鉄道横河原線の線路を越えて県道334号〔旧国道11号〕に出てさらに東進すると、「三里」里塚石跡に到着します。お地蔵様に刻まれている「三界萬霊」とは次のような意味です。

「三界」とは?

 欲界(欲の世界)・色界(物質の世界)・無色界(精神だけの世界)の三つの世界を指し、発生から死滅まで繰り返している世界で、三界萬霊塔はこの世の生き物全ての霊をこの塔に宿させているものである。

「人と暮らしの伊那谷遺産プロジェクト」三界萬霊塔/六地蔵
Teacher

 これは、さまざまな事情でお亡くなりになった方々をお祀りするために設置されたものです。金毘羅参りをされるお遍路さんや地域の方々などで亡くなられた方を祀っているのでしょうか?さて、次は「四里」里塚石です。

「松山札辻より四里」里塚石

「松山札辻より四里」里塚石
Teacher

 「松山札辻より四里」里塚石は、県道334号〔旧国道11号〕と現国道11号が交差する斎院の木交差点にあります。「三里」里塚石跡からここまでの街道ルートを地図で確認しましょう。

「三里」里塚石跡から「四里」里塚石までのルート〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 「松山札辻より三里」里塚石跡があるところは西岡本村集落の入り口ですが、ここと志津川集落において県道334号〔旧国道11号〕から離れたところが街道であったところに共通する特徴が見られます。地図中の青色の点線は「渡し」跡を意味していて、橋が架けられる前は舟で重信川を渡っていました。この地点には大正8〔1919〕年に木橋が架設され、その上手に横河原橋が完成したのは昭和5〔1930〕年のことです。

【参考】廃線隧道【BLOG版】旧国道11号・横河原橋

Teacher

 それでは、「松山札辻より五里」里塚石跡に向かいましょう。そこまでの街道は県道334号〔旧国道11号〕からも離れ、山の方へ入っていきます。

「松山札辻より五里」里塚石跡

「松山札辻より五里」里塚石跡〔写っている橋は永寿橋〕
Teacher

 「松山札辻より五里」里塚石跡は、東温市松瀬川の永寿橋の袂にあったと言われています。お地蔵様がある所が跡地でしょうか?それでは、斎院の木交差点にある「四里」里塚石からここまでのルートを確認しましょう。

「四里」里塚石から「五里」里塚石跡までのルート〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 斎院の木交差点から東へ、県道334号線の北側の道〔川上小学校南〕を過ぎて宝泉川を渡り、川上集落を通過します。道沿いに流れる水路の水は澄んでいて、古い家屋は昔日の賑わいを想起させてくれます。しばらく進むと、二股に道が分かれた地点に金毘羅道標があり、そこを左へ坂を上がっていきます。

Teacher

 川上神社前を東進してしばらく進むと吹上池に到達するので、池の北側を進んで松山ゴルフ倶楽部の敷地内に入ります。旧道はゴルフ場整地のために消滅しているので、鳥越トンネルを通過して坂を下り、県道327号〔湯谷口河内線〕に合流してしばらく進むと、本谷川に架かる永寿橋に到着します。橋の袂には、永寿橋建設時の施主名を刻んだ石碑がありました。

Teacher

 街道はここからさらに北進し、桧皮峠を越えて土谷集落へと続きます。「五里」里塚石跡からしばらく進むと三叉路があり、そこには「右こんぴらみち」と刻まれた石碑もありました。

「右こんぴらみち」と刻まれた石碑

二宮金次郎像 発見!

Teacher

 「五里」里塚石跡からしばらく北進すると、右手に旧松瀬川小学校があります。校舎は現在、公民館として活用されていて、正門もしっかりと残されていました。正門脇に二宮金次郎像があり、今も道ゆく人々を見守り続けています。

【旧松瀬川小学校 二宮金次郎像データ】

 ◉ 寄贈年:昭和13〔1938〕年9月1日  ◉ 寄贈者:今井清一  ◉ 材質:石造

【参考】二宮金次郎像 探索の旅10 〜東温市をゆく〜  ※ 東温市に残存する5体の二宮金次郎像です。合わせてご覧ください。

Teacher

 さて、次は土谷集落にある「松山札辻より六里」里塚石です。

「松山札辻より六里」里塚石

「松山札の辻より六里」里塚石〔レプリカ〕
Teacher

 「六里」里塚石は、国道11号から土谷集落へ入ってすぐの所にあります。

国道11号から土谷集落への入り口。「源太桜 旧金毘羅街道」の案内板が立っている。
Teacher

 「五里」里塚石跡から桧皮峠を越えてここまで、どこが街道なのでしょうか。地図で確認しましょう。

「五里」里塚石跡から「六里」里塚石までのルート〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 先述の「右こんぴらみち」の石碑から右の道を北進すると遠赤青汁(株)の建物があり、さらに桧皮峠を越えてしばらく進むと土谷集落へ到着します。途中には遍路道標が建てられていました。

Teacher

 この道標を過ぎてしばらく行くと、中山川に架かる土谷橋の袂に「松山札辻より六里」里塚石のレプリカと源太桜の解説板が建てられている場所に到着します。ここで源太桜について紹介しますね。

源太桜

 桜並木で知られる桜三里に残る最も古い桜を「源太桜」と呼んでいます。松山藩士、矢野吾郎右衛門源太が藩の囚人を使役し、中山川沿いに桜を植えた際に、苛酷な労役にたえかねた囚人が「桜三里は源太が仕置き、花は咲くとも実はなるな」と怨嗟の声を残したという故事にちなんだものです。樹齢は約300年で、現在は2本の桜が残っているだけです。

「東温市公式ホームページ」源太桜

【アクセス】

【参考】東温市公式ホームページ 源太桜

Teacher

 ちなみに、旧土谷小学校が駐車場になっていて、そこから歩いて源太桜まで歩いていくことができます〔約1.5km、徒歩約40分〕。

「松山札辻より六里」里塚石から源太桜へ向かう道
Teacher

 街道は源太桜へ向かう道と同じで、「松山札辻より六里」の里塚石はこの道を登った所にあったそうです。残念ながら私はまだこの道を歩いておりません。さあ、次は「松山札辻より七里」里塚石です。

「松山札辻より七里」里塚石

Teacher

 「七里」里塚石は国道11号沿いにある「中華そば心」の前に移設されています。元は山中の街道沿いにあったのでしょうが、現在ではその場所は分かりません。「中華そば心」の場所を示した地図を添付しますので、他の里塚石の場所を確認してみてください。

「松山札辻より八里」里塚石

「松山札辻より八里」里塚石
Teacher

 「八里」里塚石は、西条市丹原町臼坂の街道沿いに建てられています。風化が進んでほとんどの文字が判読できませんが、元の街道沿いに唯一立つ里塚石です。この里塚石の場所を地図で確認しましょう。

「八里」里塚石の場所〔青線が讃岐街道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 「七里」里塚石から西条方面へ少し進むと、中山川へ降りる道があります。中山川を渡り、松山自動車道下を通過してしばらく進むと、「おんびきさま」と名付けられたお堂がありました。撮影しましたので、ご覧ください。

Teacher

 お堂の側には、「臼坂郷土を守る会」が設置した解説板があります。

「おんびきさま」解説板
Teacher

 「おんびきさま」とは百日咳・喉の神様のことなのですね。「蛙石」という名称の通り、この石は本当にカエルのように見えます。また、解説板に記された旧松山・金毘羅街道の地図によれば、街道は源太桜から千原集落へ続き、中山川を越えて臼坂へ続いていたようですね。それでは、「九里」里塚石へ向かいましょう。

「松山札辻より九里」里塚石

Teacher

 この里塚石は西条市立田野小学校隣にある素鵞神社前にあります。里塚石前の道は讃岐街道ではなく松山藩の中山道で、中川地区で分岐します。里塚石の場所とともに地図で確認しましょう。

「八里」里塚石跡から「九里」里塚石までのルート〔青線が讃岐街道。分岐点からは松山藩の中山道 国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 「八里」里塚石から東進し、丹原町来見・石経を経て、常夜燈のところで北東に向きを変え、西条市立田野小学校へ向かいます。この常夜燈はなかなか見事なものでした。

Teacher

 この常夜燈を中央に配置し、街道の分岐を撮影してみました。左側の道を真っ直ぐ進むと、「九里」里塚石に到着します。

街道の分岐点〔左:中山道、右:讃岐街道〕
Teacher

 ブログ「四国の古道・里山を歩く」に掲載されている写真では、二基の里塚石が並んで建てられていたのですが、今は一基のみで、もう一基は倒れてしまっていました。

Teacher

 是非とも以前の姿に戻してもらいたいですね。それでは最後の「十里」里塚石へ向かいましょう。

「九里」里塚石から「十里」里塚石へ向かう道

「松山札辻より十里」里塚石

「松山札辻より十里」里塚石
Teacher

 「十里」里塚石は西条市丹原総合支所前に建てられています。それでは、「九里」里塚石からここまでのルートを確認しましょう。

「九里」里塚石跡から「十里」里塚石までのルート〔青線が松山藩の中山道。国土地理院電子国土基本図から作成〕
Teacher

 「九里」里塚石を出発し、西条市丹原文化会館付近で県道48号〔壬生川丹原線〕に合流して「十里」里塚石へと向かいました。


Teacher

 以上で、讃岐街道沿いに建てられている10基の里塚石の紹介を終わります。残念なのは、全ての里塚石が揃っていないこと。いつの日か全ての里塚石が揃うことを願います。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

フォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。